MENU

くまになる原因を探るためにまずは、目の構造を知ること

くまができる原因として、メカニズムを理解しましょう!

 

眼球の周りは、たくさんの毛細血管が通っており、そこを血液が流れて目に栄養や酸素を送り込んでいます。
目を守るためにクッションの役割をする眼窩脂肪(がんかしぼう)でおおわれています。
それをまぶたが支えています。まぶたの皮膚は、非常に薄く、皮脂腺も少ないため、乾燥しやすい部位でもあり、こすったりするなどの刺激によって色素沈着を起こしやすいのです。

 

くま,原因

またくまの種類は大きく次の3種類に分けることができます。

 

茶グマ・・・色素沈着などが原因のクマ
青グマ・・・血行不良などが原因のクマ
黒グマ・・・たるみ、皮膚のへこみなどが原因のクマ

 

たるみが原因の「黒くま」や血行不良が原因の「青くま」には、血行を促進させて皮膚にハリをもたせるマッサージやツボ押しが効果的です。
またシミやくすみが原因の「茶くま」も、血流を良くして皮膚に栄養をいき渡らせることで肌の新陳代謝が活発になり、メラニン色素の排出を促す効果が期待できます。

 

くまを消すために簡単ストレッチで目の周辺の筋肉を鍛えましょう

くまを消すための簡単ストレッチ法のご紹介

 

1.目をギュッと閉じて5秒間キープ

 

2.目を思い切り大きく広げて5秒間キープ

 

これを5回ほど行ないます。

 

目の周辺には眼輪筋(がんりんきん)という表情筋があり、眼輪筋が弱まるとたるみの原因になります。
まばたきで眼輪筋を積極的に動かし鍛えましょう。

 

くま,原因

目の下の「クマ」は皮膚のたるみ?

 

目元マッサージで血行を促進させ、くまを改善
マッサージは専用のクリームなどを使って、滑りをよくしてから行ないましょう。

 

目の周りはデリケートな場所のため、強く押し過ぎたり、こすり過ぎると眼球や皮膚にダメージを与えてしまいます。
特に、強くこすったことが刺激となって色素沈着を起こし、それが原因で起こる茶くまの場合、マッサージを行なうのは避けておきましょう。

 

くま対策のオススメの目元マッサージの方法です。

くまの原因はいろいろありますが改善するためのマッサージ法

 

1.両手の人差指から薬指までの3本指をおでこの真ん中に当て、気持ち良い程度の圧力をかけながらこめかみまで移動。

 

2.両手の中指の腹を左右の目尻に当て、目の下の骨の縁をなぞるように目頭まで移動させ、目の上の骨の縁をなぞるように目尻へ。

 

3.両肘を肩と並行に張って、中指と薬指の腹を目の下に当て、目頭から目尻、こめかみへと圧力をかけながら移動。

 

それぞれの工程を状況に合わせて3〜5回繰り返します。

 

くま,原因

目の下のくまに効くツボを押す

ツボを押す際は、気持ちが良い程度の強さで5秒ずつ3セットが目安です。

 

・睛明(せいめい)…鼻の根元と目頭の間のくぼんだ場所にあるツボで、眼精疲労に効果的。両手の人差指の腹を使って左右のツボを押します。

 

・瞳子膠(どうしりょう)…目尻から親指の幅半分ほど外側の骨の際のわずかなくぼみにあるツボで、眼精疲労や目尻のシワ改善にも効果的。両手の人差指の腹で左右それぞれのツボを押します。

 

・四白(しはく)…左右の瞳の中心から下にたどり、骨のへりから親指の幅1本分ほど下にある骨の際のわずかなくぼみにあるツボで、眼精疲労や目の下のたるみ改善に効果的。両手の中指の腹で左右それぞれのツボを押します。

 

・太陽(たいよう)…左右の目尻の少し外側のこめかみのあたり、骨がくぼんだ場所にあるツボで、側頭部の血行を促しくまを改善する他、頭痛にも効果的。両手の中指の腹で左右それぞれのツボを押します。

 

くまは体調不良のサインかも?
20代や30代でも現れることの多いくまとして「青くま」があります。青くまの主な原因は血行不良です。

 

目の下にくまがなぜできるの?

くまのできる原因は、第一に目の下の皮膚は非常に薄くなっているからです。
また目の周りには多数の毛細血管が集まっていて、そこで血行不良が起こると、黒ずんだ血液がまぶたの薄い皮膚を通して青っぽく透けて見えます。これが「青くま」の正体です。
病気によって現れるくまも、主に血行不良が原因のものです。
なぜ目の下にだけ「くま」ができるのか

 

目の下のクマの原因としては、睡眠不足や疲労、ストレス、体調不良による血行不良だけでなく、も目の下のクマには良くないことがわかっています。

 

くま,原因

でも、どうして目のまわりにだけ、「くま」ができるのでしょうか?

 

それは、眼のまわりやまぶたの皮膚が、まわりの皮膚に比べてとても薄く、皮膚の下の血管の色などが見えているからです。
特に、眼の下の皮膚は0.6ミリととても薄く、卵の薄皮程度しかありません。
そのため、目の下の部分は、皮膚の下に張り巡らされた毛細血管の色が常に透けて見えるほどなのです。

 

人体の中でも特に眼の下は薄いので、睡眠不足や疲労、ストレスによるうっ血などで血液が黒ずんでいたり、皮膚にメラニン色素が沈着した状態では、その部分が黒ずんで見え、それが「目の下のクマ」となります。

 

なぜ血液の色は赤いのに「目の下のクマ」は黒っぽく見えるのでしょうか?
それは、血流の低下によるところが大きいようです。
血液の赤い色は、赤血球の中にある赤い色素であるヘモグロビンの色です。
血流の良い状態では、ヘモグロビンはきれいな赤い色をしています。

 

疲労や睡眠不足、ストレスの蓄積などの影響で、目の下の脂肪が前に出てくることで、その脂肪が毛細血管を圧迫することによって、血行が悪くなり血液中の酸素が欠乏すると、ヘモグロビンが暗赤色になって皮膚の薄い目の下の部分が黒ずんで見えるのです。

 

つまり、それが「目の下のクマ」なのです。

 

ヘモグロビンは、血液の赤血球中に存在する色素タンパクで、全身に酸素を運ぶ役割を担っています。
肺で酸素と結合して、血液と一緒に全身に運ばれ、酸素を供給します。
酸素と結合した状態のヘモグロビンは、「酸化ヘモグロビン」と呼ばれ鮮やかな赤い色をしています。
しかし、酸素を供給した後は酸素が離れ、この状態を「還元ヘモグロビン」と呼び、色は暗赤色をしています。

 

血流をよくする食事

目の下のくまを消すには、バランスのよい食事で栄養補給をして、目の周りの血流を改善する必要があります。
そのためにはビタミンAやB群、Cの補給が効果的です。

 

くま,原因

・ビタミンA:ニンジン、ピーマン、うなぎなどに多く含まれる

 

・ビタミンB1:豚肉、豆類に多く含まれる

 

・ビタミンB2:うなぎ、鶏卵、しめじなどに多く含まれる

 

・ビタミンC:小松菜、さやえんどう、いちごなどに多く含まれる

 

くまの解消には、しっかり眠ることやバランスのよい食事は不可欠です。

 

クリニックで行う治療を紹介します

経結膜脱脂術(けいけつまくだっしじゅつ)

 

加齢により、眼球の下にある眼窩脂肪がはみ出してしまい、目の下が膨らむタイプのくまに対しては、クリニックで行う改善策として経結膜脱脂術があります。
下まぶたの粘膜部分に局所麻酔をし、高周波レーザーで切開して脂肪を取り出す方法です。

 

 

経結膜的眼窩脂肪移動術(けいけつまくてきがんかしぼういどうじゅつ)

 

裏ハムラ法、経結膜的ハムラ法とも呼ばれます。
経結膜的脱脂法と同様に下まぶたの裏を切開するのですが、脂肪を除去するのではなく、くぼんだ影の部分に移動させることで目元にできた影をなくす方法です。
自然でフラットな仕上がりが期待できます。

 

 

ヒアルロン酸注入

 

目の下のたるみ(脂肪の突出)がそれほど顕著ではなく、目の下が全体的にくぼんでいるためにできる黒くまの場合に、ヒアルロン酸を注入し目の下に適度に膨らみをつくることで黒くまを解消する方法です。

 

 

脂肪注入

 

オートファイバー法とも呼ばれます。目の下のくぼみに自分のお尻や大腿部から吸引した脂肪を注入する方法です。
自分の脂肪なのでアレルギー反応などもなく、ヒアルロン酸と違い半永久的に効果が持続するのが特徴です。

 

くま,原因
レーザー治療

 

目の下のくまは、皮膚の中のコラーゲンやヒアルロン酸が加齢とともに減少したり、日焼けによってメラニン色素が沈着したりすることでも起こります。
こういったくまを改善する治療として、レーザー治療があります。目もとにレーザーを照射して表皮に働きかけることで古い角質を取り除き、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を活性化させ、肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)を促進します。

 

 

ヤグレーザーピーリングで血行促進

 

古い角質をはがれやすくし、さらに熱作用でコラーゲンを増やします。
肌にハリがもたらされることでたるみが改善され、ターンオーバー(肌の新陳代謝)も整い、血流も促進します。

 

 

ライムライト

 

幅広い波長の光を持ち、顔全体への照射を複数回行うことで茶くまのシミやくすみを改善します。

 

 

再生医療のPRP注入・W-PRP注入

 

自分の血液を採血し、遠心分離機にかけて血小板などを抽出後、ヒアルロン酸と同じように目の下に注入します。
血小板には線維芽細胞を活性化しコラーゲンを増やす成長因子が含まれていて、これを目の下に注入することで肌がハリとうるおいを取り戻し、くまを改善させる効果が期待できます。

 

 

シミ・くすみ、血行不良改善のためのその他の治療

 

弱い酸を用いて古い角質をはがし、ターンオーバーを早めることでメラニン色素の排出を促し、シミやくすみを改善します。

 

微弱な電流を流して、有効成分を皮膚の深部まで浸透させる方法。高濃度ビタミンCの導入はメラニンの産生を抑えるため茶くまに有効で、ビタミンEは毛細血管の血行を促進させる働きがあり青くまに有効です。

 

 

ケミカルピーリング
イオン導入

 

目の下のくまを治すにはさまざまな治療がありますが、治療を行った後の経過観察も重要です。
手術後も丁寧にアフターケアをしてくれるかどうかも病院選びのポイントです。